深セン近郊の会社訪問

深セン近郊の会社訪問

深セン4日目は高須さんコーディネートによる会社訪問でした。

請負でものづくりをしている工場系で尖ったコンセプトの会社を2社訪問してきましたので、ご紹介します。

seeedさん オフィスと工場訪問

小ロッドで製造を請け負ってくれる会社です。なんと50個からお願いできるみたいです。
以前、IoT製品の企画をやった事があるのですが、企画と設計の後、テストマーケで最低ロッド5000個なんてことになり、断念した経験があり。 50個ならやれたかもという思いもあり、テストマーケやスタートアップにはもってこいの会社だと思います。

「seeed」遊び心満載のオフィス

「seeed」工場内、組み立てラインは整然と規律正しくという感じ

もう1社はJENESIさん 日本の経営(藤岡社長)で、面白い話をいっぱい聞けました。

深センにありながら、日本からの受注が90%だそうで、一般的には縮小といわれる日本市場ですが、昨今のIoTブームと日本クオリティー・安心という強みで受注は好調とのことでした。
ただ、ここの至るまでに大変な苦労をされたとの事で。藤岡社長の勇気と行動力にリスペクトでした。
初期費用(一例)日本の26分の1ってすごい

JENESISさんオフィス受付です。

これエージングテストというらしいです。
できた製品を温めて、問題ないか?の試験です。

JENESISさんプロダクトの製造費用(一例)日本の26分の1

ものづくりを支えるアクセラレーターの存在
プロダクトのアイデアに対して資金を提供する。
さらに開発できる環境(執務できるスペースなど)と成功までのノウハウを提供し、成功すればベネフィットを得るというモデルです。
過去にここのプログラムを経て、成功したスタートアップも含め、参加者の間でネットワークが形成されており、起業の成功に向けた環境が整っていると感じました。

深セン旅のメモ

深セン旅のメモ

次回、このツアーに参加される方や深センに行かれる方のために、ホテルとか小ネタとかを書いておきます。特に重要なことは先人の方々のブログにあるので、あえてちょっとした、些細な気づきです。2016年10月頃の情報で、目まぐるしく変化する深センの街では、1年後は違うことのなってるかもしれませんね。。

ホテル ここに泊まりました。

ホワチアーン プラザ ホテル(華強広場酒店)

エントランスを出たら、すぐ前が電気街です。部屋もサービスも、とても良かったです。

滞在中いくら使ったか?
回りの人にも聞いてみましたが、滞在6日間で平均4万~5万円くらいですかね。街に両替所は少ないです。ホテルで両替しました。クレジットカードは、ほぼ使わず。(使える雰囲気がありませんでした。)

深センの空気は?
マスク持参しましたが、空気自体はまったく気にならない感じでした。ただし華強北は道路工事で埃がすごかったです。
湿度はめちゃ高です。ホテルで洗濯してみたのですが、エアコン掛けてても結構乾かなかったです。

コンビニは?
地元コンビニみたいなものが、ぱらぱらあったという感じです。ホテルの近所にはありました。

深センの人
ホテルの人も電気街の店員さんも総じて親切でした。

これめちゃくちゃ美味しかったです。
場所は詳しく書けないのですが、華強広場酒店の道路向かいでした。探して見てください。
マンゴアイス

たばこについて
ホテル等、館内は全面禁煙になってます。ただし道路には300m間隔くらいにゴミ箱兼灰皿が置いてあります。地元の人は歩きタバコも多く見かけました。


温度も湿度も高かったですが、不思議と蚊とか見ませんでしたね。

必須アイテム モバイルバッテリー
とにかく写真撮りまくりましたので、モバイルバッテリーでスマホを1日3回転くらい充電しました。